カーナビを買い替えたい

カーナビを長らく使っていると古くなってきます。新しくカーナビを買う時、まずは今まで利用していたカーナビを売る必要がありますが、売る前に心がけなくてはいけないポイントがあります。

基礎知識を知ってカーナビ買取りしてもらおう

車内

初期化をする

カーナビを利用する際、自宅から目的地までのルートなどを設定すると思います。頻繁に利用する施設や自宅の所在地の情報がカーナビ内に残っている場合があるのです。これらの情報は意外と簡単に取得できてしまうため、悪用されれば個人情報が漏洩する可能性があるため大変危険です。トラブルを未然に防ぐためにもカーナビ買取業者へ依頼する前に、データを消去しましょう。取り扱い説明書に記載されていますので、個人でも容易に消去することができます。

男性

取り外し時に注意

個人でカーナビを取り外したいという方もいらっしゃると思います。取り外しの瞬間に壊してしまうケースは珍しくありません。故障してしまうと買取拒否されてしまいます。そのため、取り外しの際は必ず養生テープを貼り付けてから作業するようにしましょう。なおインターネットで取り外しの手順が詳細に記載されていますので、見ながら作業すると故障のリスクは低くなると思います。

カーナビ

保存に気をつける

もし自分自身でカーナビを取り外した場合、保管には細心の注意を払いましょう。カーナビにとって一番の敵は湿気です。湿気が酷いとカーナビ内の部品にサビが出て、再利用したときに故障します。乾燥剤が入った保存袋に入れておけば大丈夫でしょう。

買取時に必要な身分証明書の種類

  • 運転免許証
  • パスポート

買い替える時は車内を必ずチェック

カーナビには様々なタイプがあります。そのためカーナビの種類によっては車に取り付けることができないものがあります。せっかく買い替えても取り付けることができなければ意味がありませんので、欲しいタイプのカーナビがありましたら、設置可能か確認しておいてください。

カーナビの特徴の違い

インダッシュタイプ

ダッシュボードの中に収まるタイプのカーナビです。使用する際はダッシュボードからモニターが出てきます。使用しない時はダッシュボードの中に収まっていますので、見た目がすっきりしているのがメリットです

オンダッシュタイプ

本体を助手席などに置いて、モニターをダッシュボードの上に設置するタイプです。ほぼ全ての車に取り付けることができるのが大きなメリットです。

[PR]
カーナビを付けませんか?
どんな道でも走れる♪

広告募集中